プロコーチ大下千恵さんとビジネス書作家の佐々木正悟さんのワークショップに参加!題して「やる気と野望の会」

 

こんにちは。

剛です。

可愛らしくも怪しい感じ(笑)

 

先日、長野市で初開催された「やる気と野望の会」へ参加してきました。

 

プロコーチの大下千恵さんが主催されているワークショップです。

 

何人かでグループになり、一人が3分間自分の野望を語る。

聞く側の人たちは、語り手の話を100%聞くことに撤する。

3分間の後に、聞き手の人達が感じたこと受け取った感覚を、カードを使って語り手にフィードバックします。

 

最近、またしても自分はどこへ向かおうとしているのか、わからなくなっていたのと、単純に楽しそうと感じたのとで、参加したのです。

 

 

 

「野望の会」は100%受け止めてくれる!

 

 

プロコーチの大下千恵さん

 

野望を他人に(しかもほぼ初対面)話すって、戸惑いますよね?

いくら、その為に集まっているとはいえ、勇気のいる行為だと思います。

 

もちろん、一握りの勇気は必要ですがこのワークショップでは、同席の方が100%受け止めてくれます!

だから、自分も100%の野望を語れるのです。

 

ちなみに僕は、当初語ろうと思っていたことから大幅に変化して、かなり抽象的で理念のような信念のようなことを語っていました。

こんなふうに、予定通りにいかないのもまた楽しい体験です。

 

僕の野望にいただいた、フィードバックがこちらです⇩

 

沢山の承認の言葉の中から、フィードバックがもらえます

 

野望を語っているときの内容はもちろん、雰囲気や態度や表情を聞き手は感じ取って、カードを使ってその感覚を表します。

 

これらの言葉をもらって、ビックリしたし本当に嬉しかったんですよね。

 

「自由」「想い、情熱」「正義・公平」「探求・好奇心」

このあたりは、自分である程度自覚している部分だったので、ビックリはしませんでした。もちろん嬉しかったけど。

 

「純粋・素直」「感謝」「愛」「一貫性」「忍耐・不屈」「誠実・真摯」

このあたりの言葉は、本当にビックリしました。

自分には「ない」と感じているような言葉なので、受け取るのがけっこう難しかったです。特に「愛」。

 

 

 

 

相手の反応が、また楽しい

 

 

言葉がならぶテーブル

 

このワークショップ、自分が語りフィードバックをもらうのはもちろん楽しいし嬉しいのですが、それと同じくらいに聞き手に回るのも楽しいのです。

 

僕の感じたこと思ったことを聞いて、野望を語った方が嬉しそうにしていたり、なにやら照れたような表情を浮かべていたり。

フィードバックした方もすごく充実した気持ちになるのです。

 

このワークショップって、同席した者同士で、お互いがお互いの即席コーチになる行為なんですよね。

さすが、プロコーチです。

 

 

 

 

野望を進めていくために

 

ビジネス書作家でタスク管理のすごい人、佐々木正悟さん

 

ワークショップ後半は、佐々木正悟さんの講演です。

実は、ワークショップ参加を決めるつい最近まで存じ上げなかったのですが(滝汗)もう半端なくすごい、タスク管理の達人なのです。

 

野望を吐き出して「あ~スッキリ!」で終わりではなく、「その野望の時間、どこに取りますか?」という現実を見つめさせてくれました。

 

 

 

 

野望の時間をどこに取る?

 

 

こんなスライドを用いて、丁寧に説明してくださって出てきた答えが・・・

 

「1日で現実的に、野望に使える時間は15分ですね。」

 

じゅ・・15分!?

マジでか!?短い!

 

詳細は割愛しますが、超現実的な佐々木さんから出てきたこの答え。

野望を野望のままに終わらせない為にも、毎日のタスクの中に野望についての時間を加えて、進んでいこう。

 

 

 

まとめ

 

 

ワークショップの後は、懇親会にも参加して、非常に充実した楽しい時間になりました。

 

口に出した自分の野望、いただいた言葉たち。

毎日のなかに、野望の時間をとって着実に進んでいこうと思います。

いや、もう進んでいます。

 

 

 

プロコーチ 大下千恵さんのブログ

https://oshitachie.com/

 

 

佐々木正悟さんのブログ

http://nokiba.hatenablog.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!