F太さんとプロコーチ大下千恵さんの、ひらめきラジオを聞いた。ウェルスダイナミクスを、初心者向けに解説していたよ。

 

こんにちは。つっちー(@24409tsuyoshi)です。

 

プロのTwitter使いであるF太さん(@fta7)とプロコーチの大下千恵さん(@yawn_c)が、二人でラジオをされていました。

主にウェルスダイナミクスという自己診断ツールについてのお話で、僕はこの手の診断ツールが大好物なので、非常に興味深く聞かせていただきました。

 

ウェルスダイナミクスについてはこちら

超ざっくり言ってしまえば、「人それぞれ得意・不得意は違うから、人も他人も理解して、お互いの強みの部分を活かして協力して進んでいこう。」ということ。

(お~ざっくり)

 

このラジオを聞いていて、個人的に大きな気付きがあったので、シェアしたいと思います。

 

 

 

仕掛けを作って、動かそう

 

ラジオの終盤で、こんな話をされていました。

 

「苦手なことは誰にでもあるから、その部分は仕掛けを作って、自分を動かしてはどうでしょう?」

 

確かこんな内容だったと思います。(うろ覚え)

 

 

この話を聞いて、「ピン!」と来たのです。

自分にとって、非常に苦手なことだけど、絶対にやった方がいいと分かっていること。

ブログを書くことなんです。

 

しか~~し、どうしても書けない。

というか、文章が頭に浮かんでこないのです。

 

どうしてもできないと考えた僕の対策ですが、「TwitterやFacebookなどのSNSを育ててみよう」と思い、最近はそちらに注力を注いでいました。

 

主に、Twitterが反応がダイレクトに貰えるし、140文字という制限があることで精査された言葉を紡いでいける(気がする)ので、Twitterにハマっております。

 

ここで、思うわけです。

 

「んっ?TwitterやFacebookに投稿できるなら、ブログも書けるんじゃね?だって、同じ文章なんだからさ。」

 

至極、当たり前のことに気がついたのです。

 

 

ブログという場に対して、何か高いハードルを感じていたようで、もっと気軽に書いてもいいのではないかと、感じています。

 

 

しかし、しかしです。

そのハードルを、「えいや!」と気合で乗り越えるのは好きではないので、ここで仕組み君に登場していただいて、工夫でなんとかしようじゃないですか!

 

 

 

思うに、僕がSNSで文章を書ける理由はこの3点です。

 

・書くテーマが決まっている(ハッシュタグを使って、早起きについての投稿を書いています。)

・外観が整っている

・書く時の流れが一貫している

 

 

 

では、これをブログを書くときの工夫に置き換えてみると、こんな感じです。

 

・ブログを書く時のテーマを、いくつか絞っておく

・ブログの外観(テーマと言います)を、お金を払ってでも整える

・ブログを書く時の手順書と、テンプレートを考えておく

 

 

むむっ!これは、ブログ書けそうな匂いがプンプンして参りました。

現に、こうしてこのブログを書けているわけですから、自分にとって効果のある仕組みだと言えますね。

 

 

 

自分を理解することで、工夫できる

 

自分をきちんと理解することは、大事なことです。

このおかげで、今回はブログについての悩みを解決する方向に工夫できました。

 

ウェルスダイナミクスに限った話ではないのですが、自己診断ツールを使うことの最大のメリットは、安心感を持てて可能性を感じることだと思っています。

 

「あ~自分はこれでいいんだ」

「自分の特性を活かしたら、すごく良いかも!」

 

そんなことを感じることが、すごく大きいのです。

なんて言ったって、さんざん自分のことを否定してダメ出しして、「変わらなきゃ!」ってやってきた訳ですから。

是非、自分の特性や強み・弱みを発見してみて下さい。

ウェルスダイナミクスの公式ページから、簡易診断を受けることが可能ですよ。

http://jwda.org/

 

 

~F太さんのブログ~

ひらめき箱 @fta7がひらめきの素を集めます

 

~プロコーチ・大下千恵さんのブログ~

ミライ・ヘムカウ

 

そして近々、お二人による「ウェルスダイナミクス超入門講座」が開催されますよ~

●2/10(土) ウェルスダイナミクスってどう使うの?超入門編開催!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!