今の自分が書けることを書いていく 【ブログを書くということ】

ブログについて

 

 

 

 

 

 

こんにちは。つっちー(@24409tsuyoshi)です。

 

ブログを開設して、一年以上が経過しました。

いまだにブログを書くことが習慣化されているとは言えなく、ちょこちょこと更新するに止まっています。

 

それにしても、ブログを書くこということに何故こんなにも抵抗があるのか?(自分に問う)

たぶん自分の中にある、「もっと上手に書かなきゃ!」という気持ちがブログ執筆のハードルを上げているのです。

 

といっても、書かないことには上達もしないハズなので、書かないことが悪循環を生んでいるといえます。

「上手に書く」とはいったいどうゆうことなのか。

 

自分の実力以上に「上手く」書けたからといって、それは良い事なのか?嬉しいことなのか?

自分の答えはNOです。

 

「上手い」の定義は難しいところでありますが、すくなくとも僕自身は自分の実力以上のなにかを書けても嬉しくないし、良い事だとも思いません。

 

 

 

という自分の感覚があるのならば、もう「上手に」などという謎のプレッシャーを感じなくていい。

その時その時の、自分の等身大を書き綴っていけばいいのだ。

たまに背伸びをすることもあるかも知れないけど、それもまた自然なこと。

 

今の自分が書けることを書いていこう。

そうやって、積み重ねていこうじゃないか。

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
つっちー

つっちー

長野県在住の既婚男性。一児の父。 現在は会社に勤めながら、ブログを通してパラレルワークを目論む37歳。 朝の時間を有効に使って、自分の人生を主体的に生きるように奮闘中です。 目下の関心事は、映画と朝活と家庭と仕事のバランスを取ること。