ブログへの執着を、思考ツール「The Five Whys」を使って深掘りしてみる

ブログについて

 

 

 

 

 

 

こんにちは。つっちー(@24409tsuyoshi)です。

 

先日、ブログを書くのに「上手に」書く必要はないじゃないか、ということを書いたのですが、それをFacebookに投稿したところ、こんなコメントを貰いました。

 

 

逆に、なんでブログを手放そうとは思わないんだろうね?

 

 

これを見て、ハッとしました。

自分もまさに同じことを考えていたからです。

 

ブログがなかなか習慣化にまで至らなく模索していたのですが、なぜそうまでしてブログを書こうと思うのだろうか?

むしろ、執着にも似た感覚を感じながら、ブログと向き合っているのか?

 

 

はて?なんでだろ?

ということで、これについて深掘りしてみました。

 

 

 

The Five Whysで深掘りする

 

The Five Whysとは、「なぜ?」という問いかけを5回繰り返すことで、思考を深掘りする手法のことです。

 

 

深く考える訓練、その1|深津貴之

 

 

この思考法が最近気に入っているので、またやってみることにしました。

 

 

 

 

 

ブログに執着している自分が居る

Q:なぜ、ブログに執着しているの?

A:ブログを続けることが「得」だと思っているから。

Q:なぜ、「得」だと思うの?

A:自分が個人で活動していくのに、強い味方になるから。

Q:なぜ、その味方が必要なの?

A:自分の考えや、人となりを拡散してくれて勝手に働いてくれる。自分を理解してもらい、協力者を得るのに役立つはず。

Q:なぜ、協力者が必要なの?

A:自分のやりたいことは、一人ではできないから。

Q:なぜ、一人ではできないの?

A:良い店、良い場を作りたい。図書館(本屋)とコワーキングスペースとゲストハウスと映画館が一緒になったような場所。様々な人が集まって、交流できる場所。

一人ではできないと感じる。協力者が欲しい。

 

 

 

なんと!

僕がブログを書くことは、良い場づくりに繋がっていたのです。

執着を感じるのは、この理由だけではないと思いますが、とりあえずの結論を導き出すことができました。

 

 

まとめ

 

ブログを書くことが、自分の望むような場づくりに繋がっていたこと。

薄々気付いてはいましたが、文字にしてアウトプットしてみるとなんだかスッキリします。

 

この答えを導き出したことで、ブログを書くことのモチベーションになり、内容も少し変わっていくことを期待してます(笑)

 

ブログ続けていこう。

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
つっちー

つっちー

長野県在住の既婚男性。一児の父。 現在は会社に勤めながら、ブログを通してパラレルワークを目論む37歳。 朝の時間を有効に使って、自分の人生を主体的に生きるように奮闘中です。 目下の関心事は、映画と朝活と家庭と仕事のバランスを取ること。