4ヶ月間、1日も欠かすことなく早起きを継続している僕が、早起きのメリットを挙げてみよう【早起き・朝活・習慣化】

早起き・朝活

 

こんにちは。つっちー(@24409tsuyoshi)です。

 

昨年2017年の12月初頭から、1日も欠かさず、朝5時起きと朝活を続けています。

これまでも早起きをしようと努力したことはあったのですが、全く成功したことがなかったので、ここまで継続できている自分に驚いています。

 

成功要因についての話はまたの機会に譲るとして、今回は早起きを継続していて感じるメリットを4つご紹介したいと思います。

では、いってみましょう!

 

 

朝の時間は、誰にも邪魔されない

 

 

そもそも、早起きを始めようとした一番の要因は、「子どもが生まれるから」だったんです。

家族と過ごす時間はもちろん大事なのですが、僕は自分一人の時間もすごく好きで大事なので、子どもが生まれても一人時間を絶対に確保するぞ、と思っていたのです。

 

ただ、その一人時間を夜に持ってこようとしても、子どもにかかわる時間に取られるだろうから、それならば早起きして朝の時間を一人時間にすればいい、と考えて今に至ります。

 

 

朝の一人時間確保は正解で、早朝は自分を邪魔する要因が非常に少ないのです。

子どももまだ寝ていますし、SNSで交流や発信をしている人もわずか。急な用事が入ることもありません。

 

そんなわけで、自分の好きなことや、やりたい事を存分に堪能することができるのです。

 

 

 

朝一は最高にリフレッシュしている

 

 

 

早起き以前は、夜遅くまで起きていて自分の時間にあてていました。

しかし、今思い出してみると、夜の時間に集中して作業をできたことがあっただろうかと、感じています。

 

仕事が終わって帰宅し、夕飯を済ませ、入浴したりしなかったり、さあやっと自分の時間。

しかし、そのやっと確保できた自分時間、心身共に疲労していて非常にしんどい時間と言わざるを得ません。

 

読書しようとか、勉強しようと思っていても、脱線に次ぐ脱線を繰り返してしまい、結局なにやってるのかワケワカメ状態になったことがあるのは、僕だけではないでしょう。

 

これって、自分が悪いわけでも何でもなく、今日一日頑張って疲労してますし、意志力も使い切っている時間帯だから、当然なんです。

 

その点、朝はどうでしょうか。

きっちり睡眠を取れば、脳も体もリフレッシュしています。

一日の中でも、最高の状態と言わざるを得ません。

 

その状態で何かやると、意志力満タンなので脱線は非常に少ないですし、心身共に回復しているので作業も捗って、心地よい達成感も味わえます。

 

 

 

達成感が得られる

 

 

 

「あれっ?今日、なにやってたんだろ?」と感じることはないでしょうか。

もちろん、沢山の事をやっているハズなのですが、なぜだか達成感や満足感を感じない。

僕は、これを感じることが、けっこうありました。

 

なんだか、前に進んでる感じがしないのです。自転車のスタンドを立てたまま、ペダルを漕いでるような感覚。

ちゃんと、一日過ごしたなら達成感を得たいじゃないですか。

 

 

 

朝活を始めてからは、毎日達成感を得ています。

 

最初の頃は、早起きできたことそのものに対しての達成感。

 

そこから2ヶ月くらい経つと、早起きそのものはほぼ習慣化されるので、早起きはできて当然になり、朝のルーチンをこなすことで達成感を得られます。

 

最近では、ずっと習慣化したいと思っていてできなかった、ブログの執筆を毎朝出来ているので、そこから達成感を得ています。

 

誰にも邪魔されない、完全にリフレッシュした朝の時間を使っているからこそ、得られる達成感だと感じます。

 

 

 

時間の使い方を工夫するようになる

 

 

 

 

夜を自分時間にしていたころは、寝る時間がまちまちでした。

 

どういうことか?

ダラダラとした、時間の使い方をしていたということです。

作業時間や終わりの時間を意識することなく、漫然と時間を使っていました。

 

時間を多少ムダに使ってしまっても、影響が出るのは自分の睡眠時間くらいです。

(そこの影響は大きいと、今となっては思いますが。)

 

終わりの時間への意識がないと、上達や向上がされにくいのでないかと感じます。さらに、進みが遅いということもあるでしょう。

 

 

朝の場合はどうでしょうか?

 

僕の場合は、いつも4時50分に起床し、7時には奥さんと娘が起きてきますので、その間2時間が勝負です。

 

終わりの時間が決まっていますから、ダラダラとしていられません。

なんとか工夫して、上手に時間を配分し、効率よく機嫌よく作業を進められるようにしています。

 

まだまだ、最高に上手に時間を使えているとは言い難いですが、初期に比べたら少しは上達してきたのではないかと思います。

 

 

 

まとめ 朝活はいいことずくめ

 

 

  • 朝の時間は誰にも邪魔されない
  • 朝一は最高にリフレッシュしている
  • 達成感が得られる
  • 時間の使い方を工夫するようになる

 

 

以上、4つのメリットをご紹介しました。

なんとまあ、いいことずくめではないですか。

 

書いてみて、改めて自分自身で朝活のメリットを感じることができたので、今後さらに充実した朝活を続けていこうと思います。

 

 

 

 

僕の早起き・朝活が続いている大きな要因、オンラインコミュニティでの毎日のオンライン朝活。

LIFEENGINE(ライフエンジン)では毎朝、僕を含め多くの仲間が朝活に励んでいますよ。

 

実験と仲間がテーマのオンラインコミュニティ「ライフエンジン」

 

 

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
つっちー

つっちー

長野県在住の既婚男性。一児の父。 現在は会社に勤めながら、ブログを通してパラレルワークを目論む37歳。 朝の時間を有効に使って、自分の人生を主体的に生きるように奮闘中です。 目下の関心事は、映画と朝活と家庭と仕事のバランスを取ること。