トップダウンのやり方、ボトムアップのやり方 180903(月)

日々の気付き

 

目標設定が苦手だ。

 

目標設定もそうなのだけど、「夢を100個書こう」みたいなリストアップも実に苦手。

物欲がそれほどないからなのかも知れないと思ったけれど、物欲に関しては単に、見ないように考えないようにしているだけだと最近気づいたので、物欲説は却下である。

考えすぎてしまう癖があるので、沢山リストアップするのに躊躇してしまうのが原因かも知れない。

 

目標設定に関しては、過去に、ちゃんと目標を設定して、そこに向かって進むということをやったことがない。

仕事でもプライベートでも。若干、どうかと思うけど、今更どうこう言ってもしょうがない。

 

まともにやったことがないのだから、そりゃあ苦手でもしょうがないよね。

じゃあとりあえず目標を決めてやってみたらいいじゃない、と思うのだけど、ここで次の問題が表出する。

 

 

僕はとても飽きっぽい性分なので、目標設定しても、そこに向かって進んでいるうちにその目標が「なんか違う」と感じてしまい、進むのをやめたり目標自体をほっぽり出してしまったりしそうで怖いのだ。

 

「怖い」と書いたけど、何が「怖い」のかというと結局は、掲げた目標が本当は自分の望むこととは違っていて、間違った方向に向かうことに時間とお金と労力を注いでしまいそうで「怖い」ということ。つまりは無駄な事をしてしまうのを恐れているみたいなのだ。

 

でも、やってみないと無駄なのかそうでないのかはわからないじゃない、ということも思ったりする。

つまり、自分の中で堂々巡りになってしまい、目標設定というものが進まない。書いていて自分でも、なんだかな〜と思うけど。

 

 

そんな感じの自分なので、別のやり方を採用することにした。

目標設定して、そこに向かってやることをやっていくのがトップダウンのやり方であるならば、ボトムアップのやり方もあるはずなのだ。

 

今僕がやっているのは、ボトムアップのやり方。

つまり、自分のやることや、いま動いているプロジェクト(「プロジェクト」って響きが良いよね)を淡々と進めていくこと。

 

そうやって、進めたことによって新たな動きがあったり、何か出会いがあったりする。

そんな動きが出たら、またそこに対応していくという方法だ。

 

「いまここ」に誠実に対応していくというやり方なのだ。

まあ、当たり前といえば当たり前の方法ではあるのだが。

 

翻訳家の柴田元幸さんがラジオで話されていた内容を聞いていて、非常に感銘を受けてこのやり方をやってみようと思ったのだ。

柴田さん曰く「翻訳の仕事は完全にボトムアップ。この一文をどう訳すか?その繰り返し。」というようなことを仰っていた。

 

シビれた。

僕は、「いまここ」に集中することが結構苦手なのだけど、この話を聞いてからは、自分の目の前のことに誠実に向き合おうと思ってやっている。

 

 

 

 

柴田元幸さんの出演されたラジオはこちら↓

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
つっちー

つっちー

長野県在住の既婚男性。一児の父。 現在は会社に勤めながら、ブログを通してパラレルワークを目論む37歳。 朝の時間を有効に使って、自分の人生を主体的に生きるように奮闘中です。 目下の関心事は、映画と朝活と家庭と仕事のバランスを取ること。